長男の不登校

18.11.26.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校中の子が不活発になってきたのは?

18.11.13.bmp
このところ寒くなってきました。

この間まで
登校しようと頑張ってたのに、
家の中でも
家事をしたり勉強したり踊ったり
元気な様子を見せてたのに
最近は
ずーっとスマホをいじってて
何の動きも見られない…。

そんな様子に
もはや学校に行くことを諦めてしまったのではと
思われた方もおられることでしょう。

この時期動きが鈍くなるのは
登校を諦めたからというより
外側ではなく内側にエネルギーを向けるよう
体が要求してきているから。

人に限らず動物、いや生物は
寒くなる時期
動いて体力を消耗するよりも
来期に備え、蓄えようとするようです。

不登校中の子も
自然の理に従い、
秋から冬にかけて
動きが鈍くなります。

外界へ関心が向きにくくなるので
登校のお誘いにも消極的。
チャレンジできないことが多いです。(TT)

「じゃあ、春まで学校には行かないの!?」

という疑念がよぎりますが
そんな中でも、
登校しやすい日はあります。

期末試験の日や、
遠足、文化活動発表会などのイベントの日。
(イベントの日は逆に
「こんな時だけ登校するのは他の子に悪い」と言って
 断固行かない子もいる)

そして
期末テスト明け(終業式の2週間前辺り)。
「辛くても、しばらくすると冬休みに入るから」
という理由で行きやすいようです。
ゴールが見えていることで
心理的に少し楽になるのでしょう。
期末テスト明けの、
クラスマッチの日から登校を再開した子もいました。

とはいえやはり
他の時期と比べ、子どもの反応はもひとつです。

この時期はむしろ
読書(漫画も可)や映画鑑賞など
イメージの世界での冒険や活動がお勧めです。

体の動きが少なくなっても、
いや、動きが少ないからこそ、
作品の世界を
生き生きと体験しやすくなってます。

内面的な経験もまた
体験として蓄えられていきます。

後に彼らが不登校から卒業し、
自らの不登校生活を振り返る時、
その時体験した作品の世界が
いきいきと思いだされ、
今の自分の礎を作ってくれたということに
思い至ったりもするのです。

家の中にこもりきりで
動きがなくても
豊かな体験をできないわけではありません。

そして春が近づき温かくなるにつれ
希望が膨らみ
活動的になっていきます。



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校生は名ツアーコンダクター?

18.11.03.bmp

僕は
初めて会う不登校生の家へ訪問する時は、
「今度の子は
 どんな世界に連れて行ってくれるんだろう」と
内心わくわくしていたりもする。

彼ら(彼女ら)は、
自らの内なる世界に
僕を誘ってくれるからだ。

たいていの思春期(反抗期とも言う)の不登校生は
自分の好きなことばかりして過ごしている。
(不安が強い子ほど
 好きなものにしがみついている)

大人側の言うことは
「うるさい」「知らんし」、無視!
など
全く応じてくれないことも多い。

「親からの自立」がテーマとなる思春期、
周りに教えられて身につけた「価値観」をそぎ落とし
自分が選んだ「価値観」で
自分を塗り込める作業が
そこで行われているのだろう、
逆に
自分の好きなもの、はまっているものについては
(信頼関係があれば)
「これ見てこれ見て」と
煩いくらい教えてきてくれたりする。
(リビングのテーブルの端に
 自分の好きなものを置いて
 それとなく主張したりしてることもある。)

(マンガなら)「読んで!」
(ゲームなら)「やって!」
(音楽なら)「聴いて!」
(服なら)「今度着て来て!」

大人の目から見て
同調できない内容であることもある。
(豹柄の服をプレゼントされたこともあった)

しかしそれでも
彼らの世界について行くと
意外にも
心動かされるようなことがあったりする。

(不覚にも 大人の自分が子どもの選んだものに感動してしまった!)

しかしそういった体験をすればするほど
なぜか彼らは強くなっていくのだ。

彼らは
彼らの世界の
道先案内人のようで
自分たちが今味わっている世界を
知ってもらうこと、
味わってもらうこと、
そして
認めてもらうことを望んでいる。

その不覚な体験が、
僕にとっての
彼らと関わる醍醐味だったりするのだ。


現在では
不登校生徒の保護者や担任の先生に
関わり方のスーパーバイズをすることがほとんどで
子ども本人とは会えないことが多い。
なので
保護者の方を通して
彼らの好きなもの・今よくやっていることを教えてもらい
そこから
彼らの世界を
感じ取るようにしている。



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校初期~スマホを手放さない頃

18.10.12.bmp

中学生の子どもが不登校になりました。
不登校になってからは
スマホ(携帯、ネット、ゲーム)を片時も離しません。
一晩中見ている時もあります。
そして朝は起きれません。

子どもが不登校になって
スマホやネット、ゲーム、
子どもによっては
深夜アニメや好きな芸能人のDVD等をずっと見ている、
…なんてことは
実によくある現象。

不登校生のほとんどが
通る道と言っても過言ではありません。

特になりたての頃は
親御さんのスマホを執拗にせがんだり
取り上げると暴れたり、
怒って部屋にこもったりなど、
その依存ぶりに
「ウチの子大丈夫だろうか?」と
多くの親御さんが不安になられます。

スマホやパソコンの電磁波は
睡眠ホルモンの分泌を悪くするし
ひと晩中起きて日中寝てるなんて
すごく不健康。
それに
ネットは何処に繋がっているか分からず、
怪しげなサイトに行ったり変なネット友達が出来てしまうかも知れない。
一刻も早く
この状態から抜け出してもらいたい。

「いっそのこと、見れないよう取り上げましょうか!?」

…そうおっしゃる親御さんも
少なくありません。

しかし僕は
安易にスマホやゲームを取り上げることを
あまりお薦めしません。

朝起きて学校に行って夜寝る、という習慣が
小学生時分に身についていたお子さんなら、
今のこの状態を心から望んでいる訳ではないのだと
思っていいでしょう。

何せ初めての不登校体験。
右も左もわからず、
どうなっていくかわからない不安と
自分を責める声で
頭も心もいっぱいです。

何も考えず、自分を受け入れてくれる世界に避難するのが
今の彼らにできる唯一の対処。
『やめよう、こんなこと』と思っていても
現実と向き合う力が足りない内は
同じようなことをくり返します。

自分を受け入れてくれる大切な癒し空間、
そこを取り上げると
行き場を無くします。

「(ゲームを捨てられて)…自殺も考えた」
 と、包丁を前にし思い詰めた子もおりました。
行き場がなくなったからといって、学校に行くわけでもありません。

社会的に
自分は恥ずべき存在だと思っているから
スマホの世界に籠るので、
安心して外の世界に出て来られるよう
子どもがやっていることは
否定しないでおきましょう。

見ている内容について教えてもらったり
関心を持ってあげたりして
その話題を親子で共有できるようになると
スマホやゲームが
『子どもの依存相手』『子どもを囲う存在』『現実逃避の場所』から
社交のための『道具』へと変わっていきます。

子どもが選んだ動画やゲームで 大人が楽しんだり喜んだりすると、
子どもの自信回復にもなります。

大事なのは
見ている時間よりも内容。
「内容」と「見方」が、
その子が今「求めているもの」と「心のあり方」を
表しています。

子どもが話してくれる内容や閲覧履歴などを見て
どのようなゲームや動画、サイトを見てるかは
把握しておくといいでしょう。

残酷なものや暴力的なもの、性的なもの
法に触れそうなものではなく
一般的なゲームや面白い動画、子どもの趣味のものである場合は
とりあえず安心してもいいと思いますよ。

『スマホと子どもの一対一の関係』から
『スマホを介した、大人と子どもの対話関係』へ
内から外へと広がるよう
スマホをうまく利用していけるといいですね。



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

リストカットしないですむようになるには?

18.10.04.bmp
前回、
リストカット(自傷行為)は、
強い不快な気分を切り替えるためにしている、
その子なりの
とっさの対処法と書きました。

即効性が高いので
ついやってしまう子がいるのも
分からなくはないですが、
可愛い子どもたちが
自分で自分を傷つける様を見るのは
大人としては辛いところ。

何とか別の方法で
切り替えてもらいたいものです。

生徒から
「リスカしたい気分の時はどうしたらいい?」という相談を受けた時は、
僕はいつも
「今までに他の方法で試してみたことはなかったの?」
と尋ね、
あるのなら
「その方法だとどうなったの?」「どのくらいうまくいった?」と
聞きます。

ない場合は
他に何か方法はないかを
一緒に考えたり、
考えてもらうよう
お願いします。

結構な割合で
みな自分なりのリスカ衝動対処法を考え、実践した経験を持っています。

多かったのが
好きな芸能人の写真集、
好きな雑誌、漫画、動画、ゲームなど、
とにかく自分の好きなものを側に置いて
切りたくなる衝動がおさまるまで
それを見たりしたりして過ごす、というもの。

他にも
水を飲む、
好きな楽器を弾く、
身体を動かす、
絵を描く、ブログを書く、
ノートに悪口や落書きをしまくる、
ビーズアクセサリーを作る…、など色々な方法が聞けました。

自傷したくなる衝動は、
45分以上は続きません。
生徒はその間、
何とか他の活動で
やり過ごそうとしてくれます。

その間の努力と工夫は
たいへん立派なものなので、
大いに褒め、ねぎらいましょう。(すばらしい!!)

生徒自らが思いついたリスカ衝動対処法は、
その子の才能に関連しているものが(実は)多いのです。

なので
その対処法についても
「スゴイねそれ!」「いい趣味だね!」「何それ面白そう」と
詳しく聞いたり教えてもらいましょう。
生徒の自信につながります。

それでも「またやっちゃった…」
という子には
「自分を責めたりしなくていいよ、
 それだけストレスがあるってことだからね、
 それより教えてくれてありがとう。
 切った時は必ず誰か(担任、保健室の先生)に報告してね、
 そして手当てを受けて欲しい。
 もし出来るのなら、
 切りそうな気分の時は、前もって教えて欲しい」と、
お願いしておきます。
(もちろん担任の先生や保健室の先生には怒らないよう事前に伝えて)

すると
「今、授業出たらリスカしそう…」と
担任の先生に
前もって言うようになった生徒もいました。

欲を言えば、
リスカしそうになる衝動そのものを
言葉で表現できるようになるといいですね。
そうすると
行動や症状で
表現する必要が減りますから。


さて、
リストカットをしないで済むようになる方法で、
もっともお勧めできるのは
我が国一の天才精神科医、
神田橋條治先生発案の、
芋焼酎風呂

芋焼酎をおちょこ一杯分、
お風呂の湯船に入れて、
その中に(顔面だけ湯船から出して)頭から全身浸かる、
という方法です。
邪気が抜けるのだそうです。
(ただしその後の湯船は
 邪気だらけになります。)
普段からやっておくと予防になります。

手首や足首は
邪気や血液がたまりやすいところ。
心が苦しくなった際に手首を切ってしまう行為は、
邪気を体外に追い出そうとする
本能的行為とも言われてます。

自傷をする子に、
芋焼酎を濡らしたコットンのガーゼで
手首や足首など、
自傷しそうな場所を
スーッと拭いてもらうと、
スーッと邪気がとれるそうです。

「これなら自傷せずに済みそう」と
リストカッターの間で好評なのだとか。

あくまで本に載っていた話、
ということになりますが。▼
『精神科養生のコツ』神田橋 條治

そして
僕が思いついた方法、
バランスボールに座って上下にピョンピョン跳ねる、というもの。
2018.10.02.JPG
または
片足でケンケン を左右繰り返す、
スキップする、
廊下を雑巾がけ、…など。

要は自分の正中軸、“芯”を感じる。
その感覚をしっかりさせるという方法です。
やっていくうちに、不快な気分がなくなります。
芋焼酎風呂同様、
普段からやっていてもいい方法です。
インナーマッスルが鍛えられ、『自分軸』がしっかりしてきます。
ストレスに強くなり健康にもいいので
おススメです。

他にも、
自傷したくなる時に、
体を激しく使う運動を思い切りして
その後は逆に、
本を読むなどの頭を使う作業をする、という方法。
学会で聞いてきた方法です。

…など、紹介しましたが、
大抵の生徒たちは
僕が薦める方法より
自分が思いついた対処法、
「自分の好きなことをしてやり過ごす」をとります。

思春期の中学生にとっては
大人から決められた正しい方法より
自分の選んだ「好き」を選ぶ方が
魂の健康に良いようです。



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

なぜ子ども達はリストカットをするのか

18.09.24.bmp
子どもの手首に
カッターか何かで
切った痕があることがあります。

リストカット、
通称リスカと呼ばれる、
自分で自分を傷つける行為で、
手首以外の場合もあります。

このリストカット、
一般によく誤解されているのが
『人の気を引こうとしてやっている』
というもの。

たしかに注目されやすい行為なので、
『リスカをしたら、人に構ってもらえる』ということを
切った本人が
無意識に学んでしまうこともあります。
ですがそれはあくまで
二次的なもの。

自傷する動機の多くは、

イライラ・ムシャクシャする、(焦燥感・怒り)
 自分が存在しているのかどうかわからない感じ、(離人感・空虚感)
自分を責めてしまう、すごく淋しい(鬱)
などの、
ひじょうに強い不快な気分からぬけ出すためしている、
というもの。

18.09.25.bmp
と言う子がいますが、
変なことを言っているのではなく、
本当にスッとするのです。

血を流すと血圧が下がりますから
イライラなどの興奮はマシになります。
特に血液は、
手首足首などに溜まりやすく、
(ちなみに邪気も手首足首に溜まりやすいのだとか。)
そこを切ると
スッとした気分になりやすいのでしょう。
18.09.26.JPG
と言う子は
自分の身体に強い刺激を与えることで
身体の輪郭(自分がどこにあるか、どこまでなのか)を確認し、
意識を保つのです。
18.09.28.bmp

傍から見ると
ギョッとする方法かもしれませんが、
その子なりの、とっさの対処法なのです。

なので子どもに
「いいか悪いか」を論じても
根本解決にはなりにくいでしょう。

どんな不快な気分への対処としてしているのか、
を知ることが大事です。

子ども本人も、
なぜしてしまうのか分かってないことも多く、
その場合、
「どんな気分の時、切りたくなるのか覚えていてね」
「切る前と切った後、どんな風に気分が変わっているの?」
など、その子に
リスカの前後をモニタリングしてもらうようお願いします。
18.09.29.JPG

そして
不快な気分を変える方法が他にないか、
今までに何か試してみたことはなかったか、
あるのなら
その方法だとどうなったのか、
どのくらいうまくいったのか、
なかったのなら
他の方法を一緒に考えたり、
考えてもらうようお願いしておきます。


自分を傷つける行為を続けていくと
(意識的にしろ無意識的にしろ
『自分を大事にしていない子』という目で見られるので)
『甘えてる』『病んでる』など言われたり
被害的な目に遭うことも多くなります。

なので何よりも
子どもに
『自分は大事にされるべき存在である』ということを思い出してもらうため
傷の手当てを丁寧にしてあげましょう。

手当てされる感覚が、
『大切にされている』という感覚なのです。

18.09.27.JPG

「そんなことすると
 ケアされたくてリスカすることが増えるのでは?」
と心配される方もいるかも知れませんが、
リスカは
不快な気分に対するとっさの対処法。

ケアを求めてやっている行為ではなく、
ケアが必要になっている状態を表す行為。

リスカに関心を向けるのではなく、
リスカに走ってしまうような、
その子をとりまく不快な状況が何かについて
関心を向けましょう。

『こんなことしてるなら精神病院に入れるよ』など脅すと
「私が辛い思いをしていることを、分かってくれないんだ」と
子どもは深く傷つきます。

『あなたが大事だからもうしないで欲しい』
とお願いする方がまだマシです。
「あなたが自分を傷つけているのを見るのは心苦しい」ということを
素直に伝えましょう。

以前、辛くなるとリスカをしていた子が
お母さんとの関係が良くなって
『親からもらったこの身体を傷つけるわけにはいかない』
と、
リスカを我慢するようになったことがありました。

子どもは
「自分は大人から大事にされている」と感じられると強くなるんですね。

・・・リストカット対処法は次回書きます。・・・

にほんブログ村へ 
▼一コマ目で読んでいる本はこちら
← 全く効果がなかった左手フィギュア

不登校生のドタキャン~「行く」と言っておきながら行けないときは?~

18.08.30.bmp
不登校になった子によく起こる現象のひとつに
「明日は(学校に)行く」
「来週は行く(外に出る)」 と言っておいて
その日になると
起きれなかったり、
体の調子が悪いと訴えてきたりして、
ドタキャンが多くなる
ということがあると思います。

それも学校関係だけでなく、
友達との約束、行く予定だったイベント、
という場合もあります。

あまりにドタキャンをくり返されると
18005005.jpg
と 、
子どもの言うことが
信じられなくなることも
あるかもしれません。

でも 子どもは、
親や相手に反抗して
あるいは
だまそうとして
ドタキャンしたわけではありません。

「行く」と言っている時点では
確かに行くつもりでいます。

わりと不登校なり始めの頃に多い現象で、
本人は
自分の身体は自分の意思のまま動かせると思っています。

しかし当日になると、
お腹が痛くなったり、身体が動かなくなったりして、
結局 外に出られません。

それを見て
周囲の人も本人もがっかりします。

子どもは
周りからの信頼を損ないますし、
自分への信頼も低下します。

ふがいない、情けない・・・。
いつしか自分で自分を諦め、
学校や、友達と会う約束をする意欲も萎えていきます。

不登校になって一番困るのが、
子どもが自分への信頼感を失ってしまうこと。

再登校には自分への信頼の回復が必要です。
しかし不登校中は自信を失う機会が多いのです。

「行く」と言っている内は
「行かなきゃいけないよな」と思っている段階。
 まだあきらめていない状態です。

18005004.jpg

子どもの言っていることを
大人は否定することのないように。
結果はともかく、
本人の自尊心を傷つけます。

(そうは言ってもどうせ行けないんだろうな・・・)と分かっていても、
子どもが「行く」と言っている以上は
「うまく行けるといいね」と
相手の言っていることを肯定しましょう。

そして
ドタキャンになった時に多くの人に迷惑をかけないよう、
約束している相手には事前に
ドタキャンもあるかも知れないことを伝えておき、
その場合はどうするかを決めておくこと。
(相手の人がショックを受けないよう、
 そして子どもが行けるようになった時のことも考え、
 「今はまだ難しいみたい」
 「誘ってくれてありがとう」
 「子どもにとって支えにもなっている」など
  相手のことも労っておきましょう。)

僕は
不登校生の親御さんには
「子どもは自分では『出来る』と思っているから「行く」と言うでしょうけど、
 身体はずっと保守的で、
 意志よりも、ずっと後からついて来るものです。
 当日になってドタキャンになっても、
 全然おかしいことではないんです。
 でも『行く』と頭で思っている以上、
 いつか必ず出来るようになります。」

不登校生がドタキャンを繰り返すことは
実によくあることで、
そしてそれが自然な反応だということを、
前もって言っておきます。

約束していたことが、結局出来なくて、
ドタキャンになったとしても、
大人は慌てず、
「『行く』と言っている限り、いつか行けるようになるよ」と、
おおらかな態度で接してあげること。

出来なかったことについて責める必要ありません。
何故出来なかったかと問うことは無意味です。

大人が
子ども以上に落ち込んだりすることだけはないように。
思うように自分の身体を動かせなくて
ショックを受けるのは本人です。
大人を苦しめてしまったという罪悪感まで背負わせてしまうことにならないよう。

行けるようになる時も来ると、
大人は
希望を持たせてあげることです。

子どもは賢い存在ですが、
十数年しか生きていないため 知らないことが多く、
そのため
『一事が万事』
という思考になりやすいのです。(ウツの人の考え方と似ています。)

そんな彼らに
子どもよりずっと長く広く世界を見てきた存在として、
今の状態が長い人生の中でほんのわずかな時であり、
いくらでもやり直せるものなのだということを、
示してあげると、
子どもは
とても心強くなります。

そして
大人のそういった態度から
子どもは
自分の問題に対する態度、
距離を置いて冷静に見つめるという態度を
学んでいきます。

どうせドタキャンだから約束はしないでおこう、
という態度は僕はあまり薦めません。
ドタキャンが続くと
子どもに行くか行かないかを聞くのが苦痛になってくる親御さんも
いらっしゃいますが、
不登校中、
子どももずっと同じ状態でいることもなく、
たまに調子がいい時もあります。

行けたか行けなかったかの結果ではなく、
その約束に対して子どもが
どのような姿勢で臨んでいたか、
行けなかったときどのくらい落ち込んでいたか、
どんな風に立ち直ったか、どれぐらいかかっていたかなど
を見ていて戴ける方が
援助者として助かるのですが。

2008.April



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 


なぜ夏休み終りに自殺が多いのか~夏休み後半の危機~

18.08.13.bmp
8月半ばに入りました。

子どもなら誰しも
この長い休みがどこまでも続いてほしいと願っていると思います。

しかし徐々に近づいてくる夏休みの終わり。
それが意識され始める8月後半は、
不登校生にとって最も危険な時期。

今でこそ
夏休みの終わりに子どもの自殺が多いことは
周知のこととなっていますが、
昔はどうだったのか?

実は
不登校が今よりずっと少なかった昭和の時代でも、
夏休み終わり時の子どもの自殺はありました。

宿題を終えられない子が焦りからパニックを起こし、
衝動にかられて自殺を計る・・・なんてことが毎年あったのです。
そのため、
夏休みの宿題には必ず
解答が付けられるようになったのだとか。


これまで学校のことを話題にしても
全く平気だった元気な子でさえ、
この時期、
不安が強くなったり悲しみに浸ったり、
重篤な鬱の人と自分とを同一視するようなことがあります。

なぜこの時期こういったことが起こりやすいのか。

幼稚園児など小さいお子さんでは分かりやすいのですが、
土日明け、
連休明け、
長期休暇明けなどには、
以前出来ていたことが出来なくなったり、
ぐずぐず言うようになったり、
調子が悪くなっている子がたくさん出ます。

止まっていたものを動かす時が
一番エネルギーが要るからです。

夏休みの終盤は、
新学期に向け
長い間「制止モード」となっていた心身にエンジンをかけようと 
潜在意識下で
相当エネルギーを使っています。
18.08.04.bmp
なので
実は心は疲れており、
イライラしたりウツウツしたりメソメソしたりボーっとしたりなど、
気持ちのコントロールが難しい状態となります。

しかし頭で考えても理由が分からず、
本人らなりの理由づけが起こります。

『障碍者の人と比べて自分は頑張ってない・・・』
『他の人はお金持ちなのに僕の家はお金がない・・・』
(へ?君の家が?)

過去の辛い記憶がやたら思い起こされ

『みんなから嫌われている』
『自分なんて生きている価値はない』
『どうせ自分は何をやってもダメ』

そういった思い込みが
強くなってしまうこともあります。

健康な生徒でさえ鬱状態に陥るのですから
もともと心に傷を持っている子や心が弱くなっている子は
なおのこと。

なので
僕は
「8月後半の時期は落ち込みやすくなるけど
 季節性のものだと思って気にしないでね」

 
と、いつも事前に
不登校の生徒や保護者の方に
アドバイスしています。
(また、「夏休み明けにまた会えるのを楽しみにしているからね」と
 再会の約束を一言添えておくことも)

そして2学期始めは月の美しい9月。
「月」は「不安・憂鬱」を象徴することもあり
この時期はメランコリックになりやすく、
霊的な世界への扉が開いているかのようです。

後で考えると
自殺を考えるようなことはなかった、
と言ってた子でさえ、
何故かその時は死の誘惑にかられた、ということもあります。

ボ~ッとしている時(傍からはフワフワしているように見える)などに
魔の囁きが聞こえてくるそうです。

特に孤独感を感じている人に
この「魔の囁き」は起こりやすく、
僕の知っているひきこもりの女の子も
8月後半から鬱が悪化し、
頭の中で繰り返される魔の囁きにとり憑かれ、
9月に入ってすぐの日曜の夜、自殺をはかりました。

なので8月後半から9月いっぱいのこの時期は、
少し不安定になっている子どもたちを
大事に大事に見守って
寂しい思いはさせないようにしてあげましょう。


 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 


甘え下手の子の不登校

18.07.27.bmp
18.07.28.bmp
20年近く不登校生と関わってきて思うのが、
不登校になりやすい子の性格特徴のひとつに、
『甘え下手』というのもあると思う。

不器用だったり 
アピール上手な弟妹に負けてたり・・・

なかなか親の愛情を一身に受け取れないものだから、
とかくエネルギーの要るストレスフルな思春期を
上手く渡れず立ち止まってしまう・・・

なかには
アピール上手な弟妹に嫉妬して
当たったりしている子もいるかも知れません。
(そしてそれを親に叱られて
 『どうせ俺は・・・』と言わんばかりに心を閉ざしていくという・・・)
18.04.05.JPG
こういった子には、
親が
一対一で構ってあげる時間を取ってあげると
好転します。

子どもの言うことに
批判したり反論したり意見したりせず、
丁寧に耳を傾け聞いてあげること。

続けると、大抵、
素直になってきます。
少し幼児返りして
我儘いうようになることもあるかも知れませんが
頑なだったところが
丸くなります。

「今まで親には言っても無駄だと思って何も言わなかった」子が
自分の考えていることを
ちゃんと親に言うようになってきます。
「本当は淋しかった」など
本音や弱い部分を言えるようになって来たりします。

そうなると
学校に行ってないことに対しても
オープンに話し合えるようになります。
ここまで来ると
解決はほぼ時間の問題となります。

稀にあるケースですが、
「あれやれ」「これ買え」などの要求が出てきたとしても
呑む必要ありません。
本当に欲しいのは親からの関心なので、
子どもの言われるがままにしても、
子どもは本心では満足しません。
(まあ、あまりないケースですが)

自分を語るのが苦手な子も含め、
「親から関心を持たれている」かつ「親に認められている」と
子どもに感じ取ってもらうのに
僕がいつも薦めているのは、
子どもが見せてくるもの(出してくるもの・呈してくるもの)を
関心を持って受け止めること。

甘え下手な子は、
自己表現が遠回しなことがあり、
見落とされることもよくあります。

リビングでゲームをしているようなら、
そのゲームについて興味深そうに質問してみましょう。
動画を見せに来たら
「うわぁっ なにこれ!」など反応してあげましょう。
リビングや台所の上にしれっと
読みかけの漫画やDVDなど置かれていませんか?
それにも「面白そうね、どんな内容?」など聞いてみましょう。

子どもが関心を持っていることに関心を持つことは
子どもの意思を認めていることになります。
それは
「自立心」をくすぐるのです。

思春期の不登校には
必ず「自立」のテーマが含まれていますので、
子どもを大切にしつつも
子どもが自ら何かを選び取っていくことに歓んで応じることは
子どもの成長を
引き出すことになるのですよ。


 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

学校に行けていないことを恥じない

18.06.30.bmp
僕は大学時代に、今で言う『不登校』様症状になりました。

一晩中家でゲームして夜明けに床につき、
昼過ぎに起きる。
適当に昼食をとりながら再びゲーム。
それが夕食と風呂の時間以外ずっと朝まで。
このような日が、3年近く続きました。

きっかけは
受験の失敗、失恋、気の合う友人が出来ない、
授業について行けない、先生とのコミュニケーション不足、
大学の校風が自分に合わない、無理に周りに合わせようとし過ぎた、
・・・などのストレスが積み重なった故だと思います。

何度もこのゲーム漬けの生活をやめようとしました。
兄弟にゲームソフトを隠して貰ったり、
兄弟の部屋の鍵付きの引き出しに入れてもらったり・・・
でも
頼むから返してくれと懇願したり、
部屋に忍び込み引き出しをハサミでこじ開けたり、
結局はゲームをしてしまう・・・。

ゲームをする喜びと同時に、
いつも自分をコントロールできない恥ずかしさをも
味わってました。

たまに大学に行くと、
そんな自分が周りから軽蔑されているように思え、
『お前はこの大学にいるべきじゃない』と言われているんじゃないか、
そんな被害妄想にも陥っていました。

 『ゲームをする』
→『ゲームをする自分が情けない』
→『その情けなさをかき消すためゲームする』

この繰り返し。


そこから抜け出すため僕が最初にしたことは、

『ゲームをする自分を恥じないこと』

だったのです。

ゲームをする時に
「これは自分の気分を前向きにするためにする」
と意識してゲームする。

そして終わった後は、
「ゲームをする前より気分が良くなったのだからOK」と言い聞かせました。

『自分はゲームをやめたくてもやめられない情けない人間』
という受け身的イメージから
『自分は自分をより良くするためにあえてゲームをしている』
という能動的なイメージに変えたのです。

自分はどうしてもこのような行動をとってしまう、
と受け身的で、無力感を抱いてしまうところを
自分があえてこの行動(症状)を選び、
そしてその結果少しでも良くなったところを評価する、
ということをしてみた。

すると
徐々にゲームへの執着が薄れ、ゲームの時間が減っていったのです。
そして外へ散歩に出るようになったり、少しずつ勉強をするようになったり・・。

おそらく
『自分の行動を自分でコントロールできる』という
自己効力感が回復してきたのでしょう、
数か月後には、
人目が怖くて仕方なかった僕が
フリースクールで不登校生の相手をするボランティアをするようになり、
さらに大学院に合格、ペットも飼い始め、
家庭教師のバイトまでするように!

「こんな自分じゃダメだ 変わらなきゃ」と
自分を責めている時は変わらなくて、
「これでいいんだ 立派だ」と
自分を許して認めてあげると変わったのだから
まずは自分を傷つけないことからかな。


 
★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★