不登校になる前によく起こること

19.05.11.bmp
5月の10連休が終わりました。

去年のゴールデンウィーク明け頃から
子どもが不調を訴え始め、不登校になってしまった…
というお母様も
少なくないことでしょう。

夏休み明け、ゴールデンウィーク明けなどの
長期休みを機に
不登校に陥るケースはとても多いもの。

そして
プレ不登校期、不登校初期の
子どもに多い症状が
「お腹が痛くなる」
「学校に行こうとするとトイレにこもる」など。
(ちなみにトイレにこもるのは男子に多いです。)

学校のトイレに1時間以上こもるという子や
家でずっと便秘がち、あるいは下痢が続いている子、
「教室でおならをしてしまったらどうしよう」
という不安で学校に行けないなんて子も、中にはいます。

ボディメッセージによると
お腹は
不安や恐怖、ため込んでいる強い思いがある時などに
痛くなるそうです。
感情(本心)を表す臓器とも言われます。

なので
毎日苦しい気持ちで学校に行く子には

「学校行くの嫌だな~」と
「今のクラスあんまり面白くない、全然楽しくない」
と、
素直に言葉にさせてあげる方が
良いのです。
(そしてそれを親子で共有すること)

嫌な気持ちを素直に表明することと、
実際に学校に行かなくなることとは別物なので
親が不登校を容認しているということにはなりません。

よく僕が
学校の相談室で
生徒とのカウンセリングが首尾よく終わり、
生徒を教室(または自宅)へと帰らせようとすると
「イタタタタ…!」と
生徒がいきなり痛がり出すことがあります。

周りからは仮病と思われることが多いのですが
本人は
本当に痛みを感じています。
なので
彼から味わっている痛みを
「甘えたいんでしょ」
「行きたくないからそうやって嘘ついてんでしょ」
なんて
言ってることを否定したりはしません。

だからって
ここ(相談室)に居させたままでいい訳でもないので
僕はいつも

「そっかーそっかー いたいか~ 
 教室(家)に戻りたくないよな~
 教室(家)の中ってのも色々大変だもんな~」と

相手の痛みが訴えてきているであろう感情を、
代わりに言葉にして 本人に伝え返します。

教室に行きたくない気持ちが
変わるわけではないのですが、
「気持ちが分かってもらえた」と
子どもは感じ取られて
気持ちが鎮まります。
(大人として信頼もされます)

気持ちを言語化することによって、
身体症状化する必要性が、減るのです。

「お母さんを悲しませたくなくて言えない」
「どうせ親に言っても無駄だし」

と、思い込んで
苦しい思いを抑え続け、
身体症状化させている真面目な子も多いのです。

子どもが素直な気持ちを言葉にしても
親が(感情的にならず・言っていることを否定せず)
聞いてあげるという関係が作られるといいですね。



 
★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

5月GW10連休…不登校の危機

19.04.26.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校生の春休み~再登校の前に考えること

19.04.01.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

中学生になって女子について行けなくなった

19.03.29.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校中の息子の言動に最近イライラします

19.03.17.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

子どものしつこい要求を叱れない時は

19.02.28.bmp



 


*母親への暴力の際も同様の対処を。
 目の前に居ると期待させてしまい、
 要求の仕方がさらに激しくなります。
 クールダウンさせるべく、その場から姿を消しましょう。
 

『髪を切ったら学校に行く』

19.02.22.bmp



 
不登校回復期、
子どもがよく表すサインに
「髪の毛を切りたくなる」
そして
「体を動かすようになった」
というものがあります。

不登校の間、
心のエネルギーのほとんどは
自分自身に向けられていました。
外での世界に疲れた心の回復と、
これからどんな「自分」で社会に向かおうかという模索と準備に。

一見怠惰で、
何もしていなさそうに見えていた彼らですが
頭の中は、
学校に行くべきか否か、
こんな自分でいいのか否か、
ああでもない、こうでもないと、
色々な思いが廻り、忙しく動き回っておりました。

頭優位の生活を表してか、
髪は伸び放題、寝ぐせ丸出し、
それはまるで
手入れをされていない庭のよう。
文字通り「頭でっかち」。
そんな頭髪の
不登校生もいます。

しかし心のエネルギーが回復してくると、
エネルギーの向かうところが
頭から体へと変わります。
意識も、
内面から外の世界へと向き出します。

身体を動かしたい、
悶々と考えてばかりだった髪(頭)を
スッキリさせたい、
そんな気分になっています。

女の子の場合は、
「ダイエットする」と言いだすこともあります。
女の子の方が、
単に人目を気にするというだけでなく、
自分をきれいに見せたいという気持ちが強いので
服装やお化粧など、
女性的な面に気を遣うようになってくることがあります。
これも回復の兆候の一つです。

ある程度の不登校期間の後、
「髪を切りたい」
「運動機器を買ってほしい」と
言い出したときは、
外に出る準備をし始めた証拠。
周りの大人は
賛同してあげるといいでしょう。

運動機器をわざわざ買わなくとも
自宅の階段で踏み台昇降をしたり、
早朝ジョギングを始めたり、
犬の散歩を始めたり、
アイドルのダンスを見ながら真似して踊り出したり、
毎週風呂洗いをするようになったりなど、
何らかの形で体を動かしますので
必ずしも購入しなければならない訳ではありません。

彼らが味わいたいのは
自分の身体を自分の思うように動かせるという感覚。
不登校生が失いがちだった
自己コントロール感です。
その積み重ねが
外に出るための自信を大きく育ててくれます。

もとは
自分の意に沿わないものに
エネルギーを費やし過ぎた子達ですから、
自分の身体とエネルギーを、
自分の意志で動かし
理想の姿に近づけていくというのは
彼らの「生きる力」の
望むところなのです。

すぐに
言っている通りのことが実行できるとは限りません。
必ずしも
結果に結びつくわけでもないかもしれません。

でも周りの人は
結果を焦らず、
「うまくいくといいな」と
穏やかに見守っていてあげることです。

 

良くなってた不登校が…逆戻り!?

19.02.09.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校「行く」と言って行かない頃

19.01.27.bmp



 


不登校になった子によく起こる現象のひとつに
「明日は(学校に)行く」
「来週は行く(外に出る)」 と言っておいて
その日になると
起きれなかったり、
体の調子が悪いと訴えてきたりして、
ドタキャンが多くなる
ということがあると思います。

それも学校関係だけでなく、
友達との約束、行く予定だったイベント、
という場合もあります。

あまりにドタキャンをくり返されると
18005005.jpg
と 、
子どもの言うことが
信じられなくなることも
あるかもしれません。

でも 子どもは、
親や相手に反抗して
あるいは
だまそうとして
ドタキャンしたわけではありません。

「行く」と言っている時点では
確かに行くつもりでいます。

わりと不登校なり始めの頃に多い現象で、
本人は
自分の身体は自分の意思のまま動かせると思っています。

しかし当日になると、
お腹が痛くなったり、身体が動かなくなったりして、
結局 外に出られません。

それを見て
周囲の人も本人もがっかりします。

子どもは
周りからの信頼を損ないますし、
自分への信頼も低下します。

ふがいない、情けない・・・。
いつしか自分で自分を諦め、
学校や、友達と会う約束をする意欲も萎えていきます。

不登校になって一番困るのが、
子どもが自分への信頼感を失ってしまうこと。

再登校には自分への信頼の回復が必要です。
しかし不登校中は自信を失う機会が多いのです。

「行く」と言っている内は
「行かなきゃいけないよな」と思っている段階。
 まだあきらめていない状態です。

18005004.jpg

子どもの言っていることを
大人は否定することのないように。
結果はともかく、
本人の自尊心を傷つけます。

(そうは言ってもどうせ行けないんだろうな・・・)と分かっていても、
子どもが「行く」と言っている以上は
「うまく行けるといいね」と
相手の言っていることを肯定しましょう。

そして
ドタキャンになった時に多くの人に迷惑をかけないよう、
約束している相手には事前に
ドタキャンもあるかも知れないことを伝えておき、
その場合はどうするかを決めておくこと。
(相手の人がショックを受けないよう、
 そして子どもが行けるようになった時のことも考え、
 「今はまだ難しいみたい」
 「誘ってくれてありがとう」
 「子どもにとって支えにもなっている」など
  相手のことも労っておきましょう。)

僕は
不登校生の親御さんには
「子どもは自分では『出来る』と思っているから「行く」と言うでしょうけど、
 身体はずっと保守的で、
 意志よりも、ずっと後からついて来るものです。
 当日になってドタキャンになっても、
 全然おかしいことではないんです。
 でも『行く』と頭で思っている以上、
 いつか必ず出来るようになります。」

不登校生がドタキャンを繰り返すことは
実によくあることで、
そしてそれが自然な反応だということを、
前もって言っておきます。

約束していたことが、結局出来なくて、
ドタキャンになったとしても、
大人は慌てず、
「『行く』と言っている限り、いつか行けるようになるよ」と、
おおらかな態度で接してあげること。

出来なかったことについて責める必要ありません。
何故出来なかったかと問うことは無意味です。

大人が
子ども以上に落ち込んだりすることだけはないように。
思うように自分の身体を動かせなくて
ショックを受けるのは本人です。
大人を苦しめてしまったという罪悪感まで背負わせてしまうことにならないよう。

行けるようになる時も来ると、
大人は
希望を持たせてあげることです。

子どもは賢い存在ですが、
十数年しか生きていないため 知らないことが多く、
そのため
『一事が万事』
という思考になりやすいのです。(ウツの人の考え方と似ています。)

そんな彼らに
子どもよりずっと長く広く世界を見てきた存在として、
今の状態が長い人生の中でほんのわずかな時であり、
いくらでもやり直せるものなのだということを、
示してあげると、
子どもは
とても心強くなります。

そして
大人のそういった態度から
子どもは
自分の問題に対する態度、
距離を置いて冷静に見つめるという態度を
学んでいきます。

どうせドタキャンだから約束はしないでおこう、
という態度は僕はあまり薦めません。
ドタキャンが続くと
子どもに行くか行かないかを聞くのが苦痛になってくる親御さんも
いらっしゃいますが、
不登校中、
子どももずっと同じ状態でいることもなく、
たまに調子がいい時もあります。

行けたか行けなかったかの結果ではなく、
その約束に対して子どもが
どのような姿勢で臨んでいたか、
行けなかったときどのくらい落ち込んでいたか、
どんな風に立ち直ったか、どれぐらいかかっていたかなど
を見ていて戴ける方が
援助者として助かるのですが。

2008.April
 

不登校生が「ペットを飼いたい」と言い出すとき

19.01.13.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★