Noが言えない不登校生には…

18.01.28.bmp18.01.29.bmp

不登校の生徒と関わってよく思うのが、
「NO」を言うのが苦手な子が多いなぁ ということ。

優しくて、人の期待を拒むのが苦手だったり、
生真面目で不器用で頑固で、
人間関係を適当にやり過ごすことができなかったり…

理由は色々ですが、
総じて「NO」を言うのが苦手な子は
いじめられやすくなったり 不登校になったりと
損な目に遭いやすいようです。

優しくて、断るのが苦手な子は受容的ですから、
他人を利用しようとする人(自分を受け入れさせたい人、自己中心的な人)が
寄って来ることがあります。

そのような人に、
依存されたりいいように使われたりしても
NOが言えないので、
「嫌だな」と思いながらも 付き合い続けます。
そしてある日パタッと エネルギーが切れて 学校に行く力が出なくなってしまいます。
18004027.JPG

不器用な子や頑固な子、生真面目な子は
同級生からからかわれたり、嫌なことを言われても
機転の利いたとっさの対応が苦手なので
何も言えないまま 固まってしまいます。

それが
「あいつには何を言っても大丈夫だ(言い返してこないし、言いつけないし)」と
思われ、調子に乗られ、からかいの対象となったりすることもあります。
18004028.JPG
そしてそれに耐えるエネルギーが切れた頃、
家にこもるようになります。
(家では暴れたり怒りっぽくなったりすることも)

どちらとも
『何も言えない不甲斐ない自分』を味わうことになり、
自分への信頼が低くなります。
(信頼が低くなると、積極性も低くなります。)

何も言えないままでいることは
いじめられ体質になっていくことにもなるのです。
18004025.JPG
そう言う生徒達と よく実践しているのが、
ここ(相談室・安全な場所)で、
悩みの元となった相手をイメージして、自分の気持ちを伝えること。
言いたかったことを、今ここで言うこと。

18004026.JPG
この方法、意外なことに
生徒たちは真剣にやってくれます。

もとは
僕の相談室にある大きなぬいぐるみを、
生徒たちが憎き(?)相手に見立て
言えなかったことを言ったことが始まり。

やってみた生徒たちが皆、
「スッキリした!」と、
本当にその相手に言ったような感覚になるのです。

そして何より、
「大丈夫、(自分は)出来る」と
自分への信頼を取り戻しているのです。

NOを言うのが大事と分かっていても出来ない人は、
後からでもいいので、
安全な空間で、
言ってやりたかったこと、言ってやりたいことを、
相手をイメージして、それに向かって、声に出して言うこと。

(声に出すのがポイント 真剣になるほど良い)

そうすると、
「私はちゃんと言いたいことを言える」という感覚が身体に入り、
『何も言えない不甲斐ない自分』というイメージを防ぐことが出来、
自分への信頼を保てます。

(自信がついた子は
 担任の先生に事の次第を話して
 相手との話し合いの場をセッティングをしてもらってもいいでしょう。)

ちなみに不登校の生徒が
回復期に、
「本当はあの時○○が嫌だった…」と、
『過去の傷つき体験』を 親に言うようになることがよくあります。
なので、
「嫌なことが言える」ことは「癒える」ことでもあるのでしょう。

言いたいことは飲み込まず、
声にして言うこと。
「しょせん架空だし…」「今頃言ったって…」と
何も言えないでいると、
心も癒えないままになっちゃいますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


この記事へのコメント