不登校初期~スマホを手放さない頃

18.10.12.bmp

中学生の子どもが不登校になりました。
不登校になってからは
スマホ(携帯、ネット、ゲーム)を片時も離しません。
一晩中見ている時もあります。
そして朝は起きれません。

子どもが不登校になって
スマホやネット、ゲーム、
子どもによっては
深夜アニメや好きな芸能人のDVD等をずっと見ている、
…なんてことは
実によくある現象。

不登校生のほとんどが
通る道と言っても過言ではありません。

特になりたての頃は
親御さんのスマホを執拗にせがんだり
取り上げると暴れたり、
怒って部屋にこもったりなど、
その依存ぶりに
「ウチの子大丈夫だろうか?」と
多くの親御さんが不安になられます。

スマホやパソコンの電磁波は
睡眠ホルモンの分泌を悪くするし
ひと晩中起きて日中寝てるなんて
すごく不健康。
それに
ネットは何処に繋がっているか分からず、
怪しげなサイトに行ったり変なネット友達が出来てしまうかも知れない。
一刻も早く
この状態から抜け出してもらいたい。

「いっそのこと、見れないよう取り上げましょうか!?」

…そうおっしゃる親御さんも
少なくありません。

しかし僕は
安易にスマホやゲームを取り上げることを
あまりお薦めしません。

朝起きて学校に行って夜寝る、という習慣が
小学生時分に身についていたお子さんなら、
今のこの状態を心から望んでいる訳ではないのだと
思っていいでしょう。

何せ初めての不登校体験。
右も左もわからず、
どうなっていくかわからない不安と
自分を責める声で
頭も心もいっぱいです。

何も考えず、自分を受け入れてくれる世界に避難するのが
今の彼らにできる唯一の対処。
『やめよう、こんなこと』と思っていても
現実と向き合う力が足りない内は
同じようなことをくり返します。

自分を受け入れてくれる大切な癒し空間、
そこを取り上げると
行き場を無くします。

「(ゲームを捨てられて)…自殺も考えた」
 と、包丁を前にし思い詰めた子もおりました。
行き場がなくなったからといって、学校に行くわけでもありません。

社会的に
自分は恥ずべき存在だと思っているから
スマホの世界に籠るので、
安心して外の世界に出て来られるよう
子どもがやっていることは
否定しないでおきましょう。

見ている内容について教えてもらったり
関心を持ってあげたりして
その話題を親子で共有できるようになると
スマホやゲームが
『子どもの依存相手』『子どもを囲う存在』『現実逃避の場所』から
社交のための『道具』へと変わっていきます。

子どもが選んだ動画やゲームで 大人が楽しんだり喜んだりすると、
子どもの自信回復にもなります。

大事なのは
見ている時間よりも内容。
「内容」と「見方」が、
その子が今「求めているもの」と「心のあり方」を
表しています。

子どもが話してくれる内容や閲覧履歴などを見て
どのようなゲームや動画、サイトを見てるかは
把握しておくといいでしょう。

残酷なものや暴力的なもの、性的なもの
法に触れそうなものではなく
一般的なゲームや面白い動画、子どもの趣味のものである場合は
とりあえず安心してもいいと思いますよ。

『スマホと子どもの一対一の関係』から
『スマホを介した、大人と子どもの対話関係』へ
内から外へと広がるよう
スマホをうまく利用していけるといいですね。



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★