学校に行けていないことを恥じない

18.06.30.bmp
僕は大学時代に、今で言う『不登校』様症状になりました。

一晩中家でゲームして夜明けに床につき、
昼過ぎに起きる。
適当に昼食をとりながら再びゲーム。
それが夕食と風呂の時間以外ずっと朝まで。
このような日が、3年近く続きました。

きっかけは
受験の失敗、失恋、気の合う友人が出来ない、
授業について行けない、先生とのコミュニケーション不足、
大学の校風が自分に合わない、無理に周りに合わせようとし過ぎた、
・・・などのストレスが積み重なった故だと思います。

何度もこのゲーム漬けの生活をやめようとしました。
兄弟にゲームソフトを隠して貰ったり、
兄弟の部屋の鍵付きの引き出しに入れてもらったり・・・
でも
頼むから返してくれと懇願したり、
部屋に忍び込み引き出しをハサミでこじ開けたり、
結局はゲームをしてしまう・・・。

ゲームをする喜びと同時に、
いつも自分をコントロールできない恥ずかしさをも
味わってました。

たまに大学に行くと、
そんな自分が周りから軽蔑されているように思え、
『お前はこの大学にいるべきじゃない』と言われているんじゃないか、
そんな被害妄想にも陥っていました。

 『ゲームをする』
→『ゲームをする自分が情けない』
→『その情けなさをかき消すためゲームする』

この繰り返し。


そこから抜け出すため僕が最初にしたことは、

『ゲームをする自分を恥じないこと』

だったのです。

ゲームをする時に
「これは自分の気分を前向きにするためにする」
と意識してゲームする。

そして終わった後は、
「ゲームをする前より気分が良くなったのだからOK」と言い聞かせました。

『自分はゲームをやめたくてもやめられない情けない人間』
という受け身的イメージから
『自分は自分をより良くするためにあえてゲームをしている』
という能動的なイメージに変えたのです。

自分はどうしてもこのような行動をとってしまう、
と受け身的で、無力感を抱いてしまうところを
自分があえてこの行動(症状)を選び、
そしてその結果少しでも良くなったところを評価する、
ということをしてみた。

すると
徐々にゲームへの執着が薄れ、ゲームの時間が減っていったのです。
そして外へ散歩に出るようになったり、少しずつ勉強をするようになったり・・。

おそらく
『自分の行動を自分でコントロールできる』という
自己効力感が回復してきたのでしょう、
数か月後には、
人目が怖くて仕方なかった僕が
フリースクールで不登校生の相手をするボランティアをするようになり、
さらに大学院に合格、ペットも飼い始め、
家庭教師のバイトまでするように!

「こんな自分じゃダメだ 変わらなきゃ」と
自分を責めている時は変わらなくて、
「これでいいんだ 立派だ」と
自分を許して認めてあげると変わったのだから
まずは自分を傷つけないことからかな。


 
★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

震災後の子どもの心理

18.06.20.bmp


 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校の子に学校のことを言うと暴れます

18.06.11.bmp
学校に行かなくなった子ども。

毎晩
「明日は行く」と言っているのに
朝が来ると起きられない。
昼前に起きてきて、
家でゴロゴロ、ネットやゲームばかり。

そんな子どもの姿に苛立ち
親としてはつい
「学校に行け」と言ってしまいます。

しかしそうすると
激しい反発を招き、
バトルとなってしまう。
または
厳しい表情でバタンッとドアを閉められ 
部屋にこもられてしまう。
・・・なんてことが
繰り返されていたかもしれません。

不登校になった子に
親が「学校に行け」と言いたくなるのは当然のこと。

でも
学校のことを言って子どもが暴れる、
不機嫌になって部屋にこもられるようなら
まだそれは
言うべき時ではないかと思います。
18005003.jpg
と思われるのももっともですが、
学校に行かないことを一番責めているのは
実はお子さんご本人なのです。

思春期に入るまでは毎日普通に学校に通っていた、
というお子さんなら、
「学校には通うもの」ということが理解できています。

「学校」の話題を聞いて暴れる、不機嫌になるなら、
本人はそのことを痛いぐらいよく分かっている、ということ。
暴れたり、物にあたったりなど、イライラが激しい時は、
「何で学校に行けないんだ」という
自責の念に苦しんでいる時。

そんな子どもに
学校のことを言うのは、傷口に塩を塗り込むようなもの。
18005006.jpg
と思われ、信用を失い、
親子関係の悪化へと、問題をこじらせていってしまうかもしれません。

まずは落ち着いてもらうこと。
学校へ行けと言わなくなると、
子どもは少し落ち着き、余裕が出て来ます。

18005007.JPG
この時期、
学校のことは担任の先生にお任せするといいでしょう。
「学校の先生」が「学校」を話題にするのは当たり前のことなので、
親が言うより反発が少なくて済みます。

とはいえ、
学校に行かない自分を責めている頃なので、
担任が家に(電話・手紙が)来るだけでも
18005006.jpg
と、被害的に受け取り、暴れるかも知れません。

しかし
「学校のことを言うと嫌がるので」と言って
学校との関わりを断ってしまうと、
それはそれで、
子どもの中に「見捨てられた」感が残ります。

定期的な家庭訪問、電話連絡、配布物や手紙のポスティングは
続けてもらいましょう。
最初は、激しい反発を示すかもしれませんが、
自分に害がないこと分かってくると、
家に来ることを容認してくれるようになります。

その際、
子どもが担任と「会う」「会わない」かは、子どもに決めさせて下さい。
嫌がっている時は会わなくていいのです。
間違っても
抜き打ちで先生と子どもを会わせようとしてはいけません。

「学校と繋がっている」という意識を持ってもらうことに意味があるのです。
これは、
学校に復帰する時のための伏線作りになります。
(学校の先生との繋がり方、家庭訪問テクニックについてはいずれまた)

「心」は揺れ動くものですから
ずっと「学校なんて行かない!」と暴れているままではありません、
学校に関心が向くときもやってきます。

そのためにも
余計な親子バトルを減らして
家の中で安心して過ごせるようになることをめざしましょう。
click1.JPG  click2.JPG