なぜ不登校生は昼夜逆転するのか

17.11.06.bmp

「学校に行きなさい!」
と言われても言われても
「学校に行かなければ」
と思っても思っても
朝は起きられず、昼寝て夜起きる生活になぜかなってしまう…。

多くの不登校生が陥る「昼夜逆転生活」。

18005002.JPG
と、思われる方も、いるかもしれません。

小さい内に
朝起きて学校に行き、夜寝るという
生活習慣が身に付いていなかった子の場合は
それも当てはまることでしょう。

しかし、
18005003.jpg
という子の場合は、
そうではないかと思います。

昼夜逆転は、
不登校であるがゆえの症状なのであって、
不登校の原因ではありません。
深夜アニメを見ているから朝起きられない、という訳でもないのです。

昼夜逆転は、
不登校の子にとっては、正常かつ健全な反応。

日中、
学校にも行かずに家で起きていると、
外で働いている人たち、学校に行っている人たちに対し
いたたまれないような気持ちになり、
心からくつろげないのです。
そのため、
子どもは家から外に出ません。(出るのは休日か夜。)

18005004.jpg
…と、思われるかも知れませんが
「世間の目」が分かっているから、昼寝て夜起きる生活になるのです。

子どもに社会通念が身についている証拠として
親御さんは、(これまでの)自分の子育ては間違ってなかったのだと
まずは安心していいかと思います。

不登校に陥った子が
まず最初にしなければならないことは、
家でくつろぎ、エネルギーを充電すること。

しかし昼間起きていると、
気が休まらず、充電が出来ません。
夜は世の中全体がお休みモード。
周りに気を遣うこともなく、「世間の目」を気にせず、
くつろぐことが出来るのです。

子ども本人が
昼夜逆転を直したいと思っているのなら、
大人は協力してあげても良いと思います。
しかしそうでないのなら、
昼夜逆転生活のことを責めるのは
得策とは言えません。

朝起きて夜寝る生活がいかに正しいかを説くと、
子どもは
18005006.jpg
と感じ、更に苦しみます。
それが、
親子バトルにまで発展したり、自殺未遂に至ることもあるのです。
(不登校中一番困るのは、問題が複雑化することです。)

多くの、昼夜逆転中の不登校生は、
「この生活を直さなきゃ」と思っています。
しかし身体は
「頑張りたくない、休みたい」と望んでいます。

不登校生と話をすると、
こうなる前は
友人関係や勉強課題、クラブの練習、上下関係、家族関係やら、
自分以外の「何か」のため
過剰に頑張り続けていた、
という経験を持つ子がとても多いのです。

身体は、
これ以上子どもの「意思」に任せておいては危険と判断し、
エネルギーを取り戻すため
外から来る刺激をシャットアウトし、
自分の内から来る欲求に従おうとしているのです。
心身回復に向けた、健全な反応です。

子どもは
不摂生な生活がしたいわけでも、
周りに反抗したいわけでもありません。

まずは
家の中で、安心して充電できるよう、
「学校に行きなさい!」「朝起きなさい!」など
しつこく言って
子どもを責めないように。

せっかくためたエネルギーが、
責め苦に耐えること使われてしまいます。
(そうすると堂々巡りに陥る)

目指すは
18005005.jpg
という状態。
家の中で心が安定すれば、子どもは
冷静に今の状況を見つめられるようになり、外へと関心が向き始めます。
再登校へのチャレンジは、それからでも遅くはないかと思いますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

ちなみに『太陽光と同じ効果のある蛍光灯』とやらは…