死にたくなった時の対処法

19.09.11.bmp

たまに生徒から、
「死にたい」「死ななきゃ」という考えが
お風呂や眠る前、ぼーっとしている時なんかに出て来るけど
どうしたらいい?
という相談を受けます。

なぜお風呂に入っている時や眠る前なのか?
それは、
こころと体がリラックスした時は、
理性の働き(意識の検閲)もゆるくなります、
なので
いつもは心の奥に抑え込んでいる、色々な考えが
出て来やすいのです。

「眠る前や、トイレやお風呂場で
 いいアイデアが思いつくんだ!」
と言っている芸術家さんや作家さんがよくいますよね、
それと同じです。

「死にたい」気持ちが出て来る人は
お風呂場にカミソリは置かないようにしておきましょう。
19.09.12.bmp

自分の好きなものを側におき、
「死にたい」気持ちが出て来たときは
それを見て
自分の意識をしっかりさせる…
という方法が
子ども達の間では一番多かったです。

個人的には
好きな曲を聴く、歌う。
もしくは
自分の心境に合った曲を聴く、歌う、
というのが一番良かったです。

しかし音楽は影響力が強いので
気持ちのアップダウンがもともと激しい子には
逆効果かもしれません。

音楽によって気持ちがハイになり、
勢いのまま行動してしまう…なんてことがあります。
なので
注意が必要です。
19.09.13.bmp

子ども達にとっては
月の美しい9月は 気持ちが不安定になりやすい時期。

淋しい思いに浸り続けないよう
心の支えになる誰かが そばに居るといいですね。



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

「3人」はトラブルの元

2019.08.10.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校生と自宅学習

19.07.30.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校生 家庭内暴力対応④

19.07.15.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校生 家庭内暴力対応③

19.07.03.bmp
続きはまた書きます



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校生の家庭内暴力の対応②

19.06.19.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校生の家庭内暴力の対応①

19.06.10.bmp
家族がとるべき行動は次回「家庭内暴力対処②」で書きます・・・・
※ 家庭の外でも暴力を振るっている子は「家庭内暴力」に含まれません。



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校初期 子どもが包丁を持ち出してくるとき

19.07.27.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

不登校になる前によく起こること

19.05.11.bmp
5月の10連休が終わりました。

去年のゴールデンウィーク明け頃から
子どもが不調を訴え始め、不登校になってしまった…
というお母様も
少なくないことでしょう。

夏休み明け、ゴールデンウィーク明けなどの
長期休みを機に
不登校に陥るケースはとても多いもの。

そして
プレ不登校期、不登校初期の
子どもに多い症状が
「お腹が痛くなる」
「学校に行こうとするとトイレにこもる」など。
(ちなみにトイレにこもるのは男子に多いです。)

学校のトイレに1時間以上こもるという子や
家でずっと便秘がち、あるいは下痢が続いている子、
「教室でおならをしてしまったらどうしよう」
という不安で学校に行けないなんて子も、中にはいます。

ボディメッセージによると
お腹は
不安や恐怖、ため込んでいる強い思いがある時などに
痛くなるそうです。
感情(本心)を表す臓器とも言われます。

なので
毎日苦しい気持ちで学校に行く子には

「学校行くの嫌だな~」と
「今のクラスあんまり面白くない、全然楽しくない」
と、
素直に言葉にさせてあげる方が
良いのです。
(そしてそれを親子で共有すること)

嫌な気持ちを素直に表明することと、
実際に学校に行かなくなることとは別物なので
親が不登校を容認しているということにはなりません。

よく僕が
学校の相談室で
生徒とのカウンセリングが首尾よく終わり、
生徒を教室(または自宅)へと帰らせようとすると
「イタタタタ…!」と
生徒がいきなり痛がり出すことがあります。

周りからは仮病と思われることが多いのですが
本人は
本当に痛みを感じています。
なので
彼から味わっている痛みを
「甘えたいんでしょ」
「行きたくないからそうやって嘘ついてんでしょ」
なんて
言ってることを否定したりはしません。

だからって
ここ(相談室)に居させたままでいい訳でもないので
僕はいつも

「そっかーそっかー いたいか~ 
 教室(家)に戻りたくないよな~
 教室(家)の中ってのも色々大変だもんな~」と

相手の痛みが訴えてきているであろう感情を、
代わりに言葉にして 本人に伝え返します。

教室に行きたくない気持ちが
変わるわけではないのですが、
「気持ちが分かってもらえた」と
子どもは感じ取られて
気持ちが鎮まります。
(大人として信頼もされます)

気持ちを言語化することによって、
身体症状化する必要性が、減るのです。

「お母さんを悲しませたくなくて言えない」
「どうせ親に言っても無駄だし」

と、思い込んで
苦しい思いを抑え続け、
身体症状化させている真面目な子も多いのです。

子どもが素直な気持ちを言葉にしても
親が(感情的にならず・言っていることを否定せず)
聞いてあげるという関係が作られるといいですね。



 
★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★
 

5月GW10連休…不登校の危機

19.04.26.bmp



 


★宜しければ「カウンセリング修業のブログ」にもどうぞ★